宅ふぁいる便のようにファイルを送る(100mbの例)

宅ふぁいる便のようなファイル送信サービスは、ヤフーやグーグルで検索するとたくさん出てきます。

いくつかタイプを分類すると、

1)宅ふぁいる便やビッグメールのように無料で利用可能

2)オフィス宅ふぁいる便や、コクヨの@Tovasのような、企業向け販売システム

3)大学や企業内での独自のファイル送信システム

などがあります。

宅ふぁいる便のような無料で送受信ができるサービスは、50mbや100mb、そして中には250mbという大容量のファイルを無料で送信してくれます。

オフィス宅ふぁいる便などの企業向けシステムは、主に社内間での利用ですが、ファイルの容量はカスタマイズできるものも多く、100mbとか200mbなど管理者側で決めることができます。

また、大学の中には学内のネットワークのみでファイルをやりとりできる仕組みを使っているところもあります。
この場合はシステムを購入しているところもありますが、大学独自で開発し、実験的に使っているところもあるようです。
金沢大学を例に取ると、こちらのファイル送信システムは、宅ふぁいる便よりも大きい100mbのファイルを送信できます。