宅ふぁいる便 東京ガスではなく大阪ガスが開発した経緯

宅ふぁいる便が開発された背景には、大阪ガス社内でのファイル受け渡しに関するニーズがありました。

大阪ガス株式会社の研究所や技術系部署から「大容量のファイルをインターネット上で安全確実にやりとりできることはできないでしょうか」という声が多数上がり、従来の手渡しやメール添付でのやり方に替わるシステムを開発することになったのです。

東京ガスと大阪ガスは業務的にほとんど同じなので、東京ガス内でも同じようなニーズはあったでしょうが、それに対しての声を上げなかったのかそれほど必要性が無かったのかはわかりません。

宅ふぁいる便のシステムはいろいろな仕組みを参考としながら試行錯誤したそうです。
従来のFTP方式ではセキュリティ的にもいろいろと問題があり、メール添付方式では容量の問題やファイル開封の有無などが確認できないなどがあって、全く違うシステムでファイル交換をする必要がありました。

結果的に宅ふぁいる便は、グリーティングカードをやりとりする仕組みを参考にして完成し、大阪ガス社内専用に利用されました。
その後評判となり、一般公開ということになったのです。
今では東京ガスの社員も利用しているでしょうね。