宅ふぁいる便をオフィスで使う時に注意すること

宅ふぁいる便のユーザーは75%がビジネスユースです。
ということは、オフィスで利用している方が多いということです。

自宅で使う時は、パソコンやインターネット、セキュリティの設定も自分で行うわけですし、現在の設定状況も知っているはずです。

ところが、オフィスで宅ふぁいる便を利用する場合は、オフィスのパソコンやインターネット環境などを知らない人が多いので、トラブルになることがあります。

まず、オフィスによってはインターネット回線の関係で、ファイルの送受信の容量を制限しているところがあります。

また、会社の規約上でファイルをネット上で送受信することを禁止している会社もありますし、セキュリティソフトによって宅ふぁいる便のようなサービスが使えないというオフィスもたくさんあります。

オフィス宅ふぁいる便を導入している会社であれば、特に問題なくそちらを利用すれば良いですし、逆にその他のサービスを利用することは禁じられているはずです。

宅ふぁいる便をオフィスで初めて使う際には、インターネットやセキュリティなどの管理者に相談し、許可を得てから使うようにしてください。そうしないとオフィス全体のネットワークがパンクする可能性もありますので気をつけてください。

宅ふぁいる便やファイルポストで受信する

宅ふぁいる便のような大容量ファイル無料送受信サービスは増えてきていますが、宅ふぁいる便よりも容量の多いサービスをまた見つけました。

そのサービスの名は「ファイルポスト」です。

ファイルポストは、宅ふぁいる便など他のサービスとの差別化をするために、登録をする必要がありません。

また、宅ふぁいる便は容量の上限が50mbですが、ファイルポストはなんと250mbまでのファイルが送受信可能です。

ファイルポストでのファイル送信や受信の仕方は、他のサービスとほとんど同じで、送信者から受信者へのメール通知もできます。

ファイルポストの問題点としては、宅ふぁいる便に比べると送信者の登録がいらない分、誰が利用しているかの管理ができにくいので、ファイル受信者が注意してファイルを開く必要があります。
知らない相手からのファイルには十分に気をつけなければいけませんね。

また、新しいサービスなので、システムがどこまで安定しているかもポイントです。利用者が増えれば増えるほどシステムを増強して設備投資が必要なので、ファイルポストの資金力も気になりますね。

宅ふぁいる便 東京ガスではなく大阪ガスが開発した経緯

宅ふぁいる便が開発された背景には、大阪ガス社内でのファイル受け渡しに関するニーズがありました。

大阪ガス株式会社の研究所や技術系部署から「大容量のファイルをインターネット上で安全確実にやりとりできることはできないでしょうか」という声が多数上がり、従来の手渡しやメール添付でのやり方に替わるシステムを開発することになったのです。

東京ガスと大阪ガスは業務的にほとんど同じなので、東京ガス内でも同じようなニーズはあったでしょうが、それに対しての声を上げなかったのかそれほど必要性が無かったのかはわかりません。

宅ふぁいる便のシステムはいろいろな仕組みを参考としながら試行錯誤したそうです。
従来のFTP方式ではセキュリティ的にもいろいろと問題があり、メール添付方式では容量の問題やファイル開封の有無などが確認できないなどがあって、全く違うシステムでファイル交換をする必要がありました。

結果的に宅ふぁいる便は、グリーティングカードをやりとりする仕組みを参考にして完成し、大阪ガス社内専用に利用されました。
その後評判となり、一般公開ということになったのです。
今では東京ガスの社員も利用しているでしょうね。

エルネットの宅ふぁいる便モバイルとは?

エルネットが提供する大容量ファイル送受信サービスの宅ふぁいる便には、宅ふぁいる便モバイルという携帯サイトがあります。

エルネットの宅ふぁいる便モバイルでも大容量のファイルを送ったりできるのかと思ったのですが、このサイトではそういった機能はありません。

パソコンで送るのも大変な大容量ファイルが携帯で送れるはずはありませんよね。考えればわかりそうなことですが、ちょっと期待してしまいました。

それでは、エルネットの宅ふぁいる便モバイルで何ができるかと言うと、サイトにその答えが書いてあったので引用します。

「宅ふぁいる便モバイルは、いつでも気軽にというケータイのメリットと、『ビジネスシーンにインターネットを駆使した実用サービスを』という『宅ふぁいる便』が融合した強力モバイルメディアです。ケータイをてにしたちょっとした瞬間にお楽しみください。」

これを読んだだけでは何ができるかわかりませんが、「何ができるのか?」というQ&Aを押すとこの文章にたどり着きます。

エルネットの宅ふぁいる便は携帯に通知メールを送る機能がありますが、宅ふぁいる便モバイルのサイトには関係ありません。

宅ふぁいる便モバイルは、ファイル送信ではなく、エルネットの宅ふぁいる便会員がちょっと息抜きに楽しむ携帯サイトなのです。

エルネットの宅ふぁいる便公式サイトは面白い

エルネット宅ふぁいる便公式サイトを見ると、いろいろと面白いな〜と思うコンテンツがありました。

エルネット「宅ふぁいる便エンタメ!」のコーナーの「石原壮一郎の大人のお悩み相談室」は、ニンテンドーDS版大人力検定などで有名な石原壮一郎氏が、いろいろな悩みに答えるコーナーです。

石原氏は自分が悩みに答えるのではなく、様々な著名人が過去に雑誌の相談コーナーなどで回答した答えを集め、テーマ毎に紹介してコメントするというユニークなスタイルなのです。

石原氏はここ数年、人生相談の本や記事の収集と分類に力を入れていて、その中から共感した回答を紹介してくれています。彼の分析やコメントがなるほどと思わせる本当にいい回答なんです。

エルネットの宅ふぁいる便エンタメ!にはその他にも、「ソニンの明日に生きる言葉」というソニンが本音で書いたナチュラルなコラムがあったり、「宅ふぁいる便いちびり川柳」というコーナーもあります。

忙しいビジネスマンの日常が面白おかしく表現されていて、共感するというか、思わず笑ってしまいます。ちなみに「いちびり」というのは大阪弁で「調子に乗っている人をからかう表現」だそうです。

「さくらいよしえの人間ラブLOVE交差点」は、日常にある面白い小ネタを軽快な文体で書いてあり、結構1人で笑ってしまうコラムです。

エルネットの宅ふぁいる便エンタメ!には他にもいろいろなコンテンツがあるので、ちょっと仕事に疲れたら息抜きに見てくださいね。面白いですよ!

宅ふぁいる便が無料なわけ

宅ふぁいる便は50MBという大容量のファイルを送受信できるサービスですが、すべてのサービスは無料で利用できます。

こんなサービスは有料でもいいのではと思うのですが、なぜ宅ふぁいる便は無料で利用できるのでしょうか。

もともと宅ふぁいる便は、大阪ガスの社内や取引先とのファイルをやりとりするシステムを開発したのが始まりです。
大事なファイルをインターネットでやりとりできる仕組みが評判になり、一般公開が始まりました。

2007年7月現在で宅ふぁいる便の無料会員は90万人を突破し、1ヶ月当たり2万人以上のペースで無料会員は増えています。

宅ふぁいる便の運営・管理にかかるコストは、広告費の収入によってまかわなれています。90万人の会員に対してメールによるダイレクトな広告が打てるので、広告主にとっては魅力のあるサービスです。

宅ふぁいる便の無料会員は、利用規約に承諾した段階で、宅ふぁいる便便からのメールマガジンを受け取ることも承諾しています。宅ふぁいる便のサイトの広告と、会員向けメールマガジンの広告による収入は結構な額になるのでしょうね。

メールマガジンを購読するだけで宅ふぁいる便のサービスを無料で利用できるならありがたいものです。

宅ふぁいる便のようにファイルを送る(100mbの例)

宅ふぁいる便のようなファイル送信サービスは、ヤフーやグーグルで検索するとたくさん出てきます。

いくつかタイプを分類すると、

1)宅ふぁいる便やビッグメールのように無料で利用可能

2)オフィス宅ふぁいる便や、コクヨの@Tovasのような、企業向け販売システム

3)大学や企業内での独自のファイル送信システム

などがあります。

宅ふぁいる便のような無料で送受信ができるサービスは、50mbや100mb、そして中には250mbという大容量のファイルを無料で送信してくれます。

オフィス宅ふぁいる便などの企業向けシステムは、主に社内間での利用ですが、ファイルの容量はカスタマイズできるものも多く、100mbとか200mbなど管理者側で決めることができます。

また、大学の中には学内のネットワークのみでファイルをやりとりできる仕組みを使っているところもあります。
この場合はシステムを購入しているところもありますが、大学独自で開発し、実験的に使っているところもあるようです。
金沢大学を例に取ると、こちらのファイル送信システムは、宅ふぁいる便よりも大きい100mbのファイルを送信できます。

オフィス宅ふぁいる便の良いところ

オフィス宅ふぁいる便の良いところは、やはり重要なファイルが外部に流出しないという点が一番だと思います。

しばしばニュースなどで、顧客情報が漏洩したり社内の機密情報(例えば研究資料や新商品情報など)がライバル企業に渡ったりする事件がありますが、ウィニーなどのファイル交換ソフトで流出したケースとは別に、社内の人間がファイルを他者へメールで送信する手口が多いですね。

オフィス宅ふぁいる便なら、ファイルの送受信を管理者が全て把握できるので不正を未然に防ぐことが可能になります。

また、登録したドメインが含まれていないファイルのやり取りもできないので、誰がファイルを送受信しているかがわからないということもありません。

もちろん、外部の会社とのファイルのやり取りも可能です。
送信側が登録された社内の人間であれば、相手は未登録の社外の人間でも問題なくファイルを送信することができます。

オフィス宅ふぁいる便はライト版が200万円、スタンダード版が500万円という価格ですが、情報が漏れるのを防ぐためなら安いコストかもしれませんね。

宅ふぁいる便とsafariなどのブラウザとの相性

宅ふぁいる便で送られたファイルをダウンロードするためには、マイクロソフトのウィンドウズに標準装備されているInternet Explorerをはじめ、Mozilla Firefoxやマック標準装備のSafariといったブラウザでダウンロードページを開かなくてはいけません。

宅ふぁいる便では、できるだけ多くのブラウザに対応できるよう、システムを改良してきていますが、やはり全ての環境に対応するのは限界があるようですね。

Q&AコーナーでもSafariとの相性によるトラブルなどが報告されています。

私はマックもSafariも使ったことがないのでわかりませんが、safariはInternet ExplorerやMozilla Firefoxと比較しても格段に表示速度が速く、検索した文字だけが見やすく表示されるなどの便利な機能があるので、ユーザーが増えているようです。

私はInternet Explorerから最近Mozilla Firefoxにブラウザを替えましたが、safariの評判を聞くとちょっと試しに使ってみてもいいかなと思ったりします。

ただ、宅ふぁいる便を良く使うので、相性が悪いsafariは宅ふぁいる便利用ではまだ使えないですね。

宅ふぁいる便とsafariの関係

宅ふぁいる便はウィンドウズとの相性が良い大容量ファイル転送サービスです。

ただ、宅ふぁいる便のユーザーの75%はビジネスユースで、ユーザーの職種を調べるとデザインや設計などのクリエイティブなお仕事が多く、アップルコンピューター社製のマックを使っている方が目立ちます。

マックにはマックOSが標準装備されていて、ブラウザにはsafariというブラウザが標準添付されています。
safariには、IEなどにはない便利な機能があり、表示速度もトップクラスで速いという利点があります。
マックユーザーは、マックOSを使い、safariを使うという方も多いはずですが、宅ふぁいる便でファイルをダウンロードする時に、マックOSとsafariの組み合わせで不具合が出るという事例が出ています。

宅ふぁいる便のQ&Aコーナーには、

「宅ふぁいる便は、基本的には、Windowsを対象として設計しておりますので、ご利用されているMacOSのバージョンとブラウザによっては正常に動作しないことがあります。現在のところ全てのブラウザとOSには対応できておりません。

そのため、ご利用される場合は 、WindowsやMacでもFireFox等へのブラウザの種類変更やバージョン変更をしてご利用をお試しください。」

と書いてあります。safariというよりも、マックOS全体に対しての相性が悪いようです。ぜひマックOSへの対応を急いで欲しいと思います。